おすすめのドッグフードをランキング形式で紹介!

愛犬に合うドッグフードの選び方やおすすめ商品を紹介

 

「愛犬にもっと良いものを食べさせたい!」と思うと、ドッグフードを探さなければいけませんね。

 

けれど種類豊富で、メーカーもたくさんあるドッグフード。

 

どのメーカーが良いの?

 

栄養成分表示を見てもわからない。

 

危険な添加物ってなに?

 

チキン・フィッシュ・ラム肉?味だけがちがうの?

 

愛犬に一番合っているのはどれ?

 

ドッグフードに関する、あらゆる疑問を解消しましょう!

 

本当に愛犬に合ったドッグフードの選び方をご説明します。

 

さらに品質よし、大事な基準を満たしたドッグフードをランキング形式でご紹介。

 

もう迷わなくて大丈夫です。ドッグフードにくわしくなり、自然と「これだ!」と思うものが見つかります。

 

 

愛犬に合ったドッグフードの選び方

 

もちろん「安いもの」は危険です。ドラッグストアやスーパーで1000円〜で売られているようなものたち。

 

犬を飼うとさまざまな費用がかかるので、つい手を伸ばしてしまいがちですが、そこは一番削ってはいけません。

 

毎日の食事によって体がつくられます。

 

不健康なものばかりあたえていれば、病気がちになる可能性が高くなりますし、毛ヅヤや目・皮膚などに出てきます。

 

病気がちになると病院への通院代はもっともっと高い。

 

月々数千円ごはん代で節約したぶんなんて、あっという間に消えますよ。

 

もちろんお金の話だけではありません。毛ヅヤが悪く、涙やけで目のまわりが黒くなっている愛犬を想像してみてください。

 

小さな体だからこそ、毎日の食事からの影響が大きいのです。

 

ブラッシングを頻繁にしていなくても、毛がツヤツヤでキレイなわんちゃんもいます。

 

ドッグフードひとつでかなり変わります。

 

愛犬のために、なにを見て、なにを選べばよいのでしょうか。

 

 

主原料は肉や魚

ドッグフードの栄養成分表示1番〜3番までご覧ください。

 

栄養成分表示は配合してある量が多いものから順に載っています。

 

そこに穀物やコーンなどがあれば、肉や魚よりも穀類が多く含まれているドッグフードです。

 

本来、犬はオオカミの血をひいており、もちろん主食は穀類ではありません。

 

肉や魚から栄養素を体に取り入れるのが、体質的に最も適しています。

 

どうして穀類が使われるのでしょうか。

 

穀類のほうがコストがかからないからです。

 

つまり「かさまし」に使われています。

 

犬は雑食性でもあるので、穀類からまったく栄養をとれないわけではありません。私たちがお米を食べるように、ある程度は摂る必要があります。

 

ただ含有量が問題です。人の理想の食事も同じく、お米はおちゃわん1杯、肉や魚、野菜などのおかずは3品などですよね。

 

犬もお米をメインにする食事は健康によくありません。

 

犬の体質に適していないこともあり、消化が悪く、アレルギーをもつ子もいます。

 

人がご飯ばかり食べて太りやすいのと同じく、肥満にもなりやすいです。

 

だからこそ栄養成分表示の1番〜3番は、肉や魚の表記がしてあるドッグフードが望ましいです。

 

ただ肉といっても、これはあまり良くないというような「4D」といわれる肉があります。

 

  • Dead(死亡した肉)
  • Diseased(病気にかかった肉)
  • Dying(死にかけている肉)
  • Disabled(障害のある肉)

 

ミートミール、肉粉、ミートエキスといわれるものは、肉のどの部分をつかっているか不明です。爪やトサカ、人間が食べない部分(4D)を使われている可能性があります。

 

そのなかには「○○を肉粉にしています」と公表しているメーカーもあるので、メーカーのHPをチェックしてみるのもよいでしょう。

 

また人間が食べられるドッグフードは「ヒューマングレード」と表記されます。

 

より栄養価の高い、安全・安心なドッグフードをあたえたいときは「ヒューマングレード」と書かれているか確認を。

 

どの肉をメインにしたらいいの?

 

チキン or ビーフ or フィッシュ or ポーク?

 

最近では羊肉(ラム)、馬肉メインのドッグフードもあります。

 

それぞれのメリット・デメリットをご説明します。

 

低脂質・高たんぱく質、栄養面はバッチリです。消化吸収率も高いです。
嗜好性も良いので、食いつきも悪くありません。
可アリ不可ナシといったところで、ペットショップのドッグフードによく見られますね。
注目すべきは、ビタミンAの含有量。牛肉の10倍、豚肉の3倍以上です。
ビタミンAには目や皮膚の粘膜を守ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。
とくに皮膚の調子が悪い子、胃腸の調子が弱い子やシニア犬に向いています。

 

 

牛肉は良質なたんぱく質+高脂質。
亜鉛、鉄分、ビタミンB群が豊富で、亜鉛は豚・鶏肉の約2倍、鉄分は約3倍、ビタミンB12は約4倍以上です。
亜鉛は味覚を正常に保ったり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける成分。
鉄分は赤血球をつくるのに欠かせない栄養素。ビタミンB12もまた赤血球の生成に必要です。
脳からの指令を伝える神経を正常に保つ働きもあります。
ほかよりもカロリーが高いので子犬や活動量の多い犬に向いています。

 

 

消化吸収に優れ、ビタミンB群が豊富という特徴があります。
糖質や脂肪の代謝を助ける栄養素が多く含まれているので、肥満気味のわんちゃんに適しています。
とくにビタミンB1の含有量は牛肉の10倍以上。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるときに必要なビタミンであり、疲労回復にもよいです。
栄養の面では鶏肉や牛肉で補うことができるため、ポークを使っているドッグフードはあまりありません。

 

 

低脂質、高タンパク質、低カロリー。消化・吸収も優れていて健康的です。
とくにDHAやEPAを含んでいるのが美点ですね。
DHAは脳の発達や痴呆の予防、視力にも働きかけてくれます。
EPAは血栓や高血圧予防、抗炎症作用があります。
「オメガ3」や「オメガ6」も豊富であり、毛並みを美しくする働きがあります。
7歳からのシニア犬に適しているでしょう。
ただフィッシュ系ドッグフードは独特のニオイがあります。わんちゃんによっては気に入らず、食べない可能性があるので、まずはサンプルからがおすすめです。

 

 

馬肉には牛や豚の2〜4倍ほどの「鉄分」を含んでいます。とくに体内に吸収されやすいヘム鉄が豊富。
カルシウムは牛や豚の2倍。さらにビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB12など、体の健康維持に欠かせない栄養をたくさんもっています。
馬肉の馬油は魚やオリーブオイルと似ていて、オメガ3やオメガ6など不飽和脂肪酸の割合が高いです。毛並みや皮膚をキレイに保つ作用があります。
骨や関節が弱くなってきた犬や、シニア犬に向いています。

 

 

犬が必要とする栄養素が豊富であり、オメガ3やオメガ6も含まれています。またアレルギーになりにくいという特徴があります。
ほかの肉とくらべて高脂質ですが、不和脂肪酸やL−カルニチンなど脂肪になりにくくする成分も多く含まれています。
この成分は運動とともに活性化するので、運動量が多い犬であれば、太りにくく、十分かつ良質なエネルギー源となります。
向いているのは運動量が多い犬やアレルギーが多い犬です。
ラム肉もまた好みが分かれるので、サンプルからお試ししましょう。

 

年齢やサイズに合ったもの

 

子犬、成犬、シニア犬ごとに最も摂るべき栄養やエネルギー量も違います。

 

成長期に栄養が足りていないと十分に育つことができません。

 

シニア犬の場合、老化をすすめたり、食欲をさらにへらしてしまうことがあります。

 

それほど愛犬の年齢ごとにドッグフードを変えるのは大切なこと。

 

年齢ごとに必要なフードを見ていきましょう。

 

●1歳まで

成犬とくらべて2倍・3倍以上のエネルギーが必要とされています。
「子犬用」と表記されているドッグフードは栄養・エネルギー量が最も高いです。
とくに体をつくるタンパク質、骨や歯を丈夫にするカルシウムやリン。
健康な被毛や皮膚を維持する必須脂肪酸や脂質などが豊富に含まれているとベストです。

 

●1歳〜6歳

この時期に「子犬用」をあたえていると、太りやすくなってしまいます。
健康に問題がなければ、愛犬の好みに合わせたドッグフードに変えても大丈夫です。
何でもあたえてもいいわけではなく、この時期に食べたものがシニア期に影響する可能性があります。
主原料が肉や魚であること、添加物などには気をつけましょう。

 

●7歳〜

高齢になると食事量は3分の1ほどにへります。
脂質や塩分が多い食事が体の負担になるので、ナトリウムやリンを抑えたものが良いです。
骨や筋肉、関節などをサポートする成分も欠かせません。
高タンパク質であり、消化吸収がよいもの。関節をサポートする「コンドロイチン」や「オメガ3」などを含んでいるものがおすすめです。

 

体の大きさに合ったものを!

チワワやポメラニアンなど小型犬はマズル自体が小さいこと、噛む力が弱い子が多く、大粒のドッグフードが食べにくい傾向があります。
そんな小型犬向けに小粒になっているフードがあります。
食いつきが良くないときや、食べるのに時間がかかっているときは、食べにくさが気になっているのかもしれません。
ドッグフードを変える前に粒の大きさを見直してみましょう。

 

危険な添加物が使用されていないこと

 

完全無添加のドッグフードはほぼありません。

 

ドッグフードは油脂を含むので酸化しやすく、酸化防止剤は必須です。

 

ただその含有量や、人工であるか天然由来なのかで変わります。

 

人工の酸化防止剤や保存料、着色料、甘味料などは、発がん性や病気、成長不良を招くものもあります。

 

とくに以下のものが表記されているフードにご注意ください。

 

●酸化防止剤
BHA、BHT、エトキシキン、没食子酸プロピル
●着色料
赤色○○号、青色○○号、黄色○○号、緑色○○号、亜硝酸ナトリウム(発色剤)、亜硝酸塩、亜硝酸ソーダ、二酸化チタン
●保存料
ソルビン酸カリウム、プロピレングリコール(保湿剤)
●甘味料
ソルビトール、キシリトール、グリニジン、アンモニエート、ビートパルプ、コーンシロップ

 

危険な添加物を何年もの長いあいだ摂りつづけると、体にどんどん蓄積されていき、健康に害をおよぼす可能性が高いです。
着色料や甘味料は犬に必要でしょうか。

 

犬には色の概念がないので、着色してあっても、おいしそうには見えません。

 

甘味料も健康にくらべれば、素材の味だけで十分なはずです。

 

小さな体であり、毎日、何年も同じものを食べるからこそ、添加物の影響が大きいです。

 

飼い主として十分に気をつけてあげてください。

 

続けやすい価格帯

 

「安すぎるものはダメ!」とはいいましたが、ただ高すぎるドッグフードもよくありません。

 

ドッグフードのほかに犬には欠かせないケアがあるからです。

 

フィラリアや狂犬病など薬を買ったり、トリミングをお願いしたり、夏や冬の光熱費。

 

すごく高いドッグフードをあたえれば、解決することではありませんね。

 

また毎月ご飯に数万円かけるわけにはいかない人もいるでしょう。

 

そのため「ドッグフード+ケア」をずっと続けられる価格にしましょう。

 

それでも月1000円ほどのドッグフードはよくありませんね。成分表示を見れば、ご紹介した4D、添加物、穀物の量がほとんど当てはまりますよ。

 

せめて月3000円以上でしょうか!

 

成分表示を見たり、ヒューマングレードと表記されているもののなかで、続けやすい価格のものを賢く見定めましょう。

 

愛犬におすすめドッグフードBEST3

 

愛犬がよろこぶ!健康的なドッグフードのポイントは以下です。

 

  1. 主原料が魚や肉
  2. ヒューマングレード
  3. 年齢やサイズに合ったもの
  4. 危険な添加物が使用されていない
  5. 続けやすい価格

 

このような5つの基準から厳選された【ドッグフードBEST3】をご紹介します。

 

モグワンの特徴
【こんな子におすすめ】
  • 痩せすぎや太りすぎ
  • 下痢や便秘気味
  • 皮膚が荒れがち
  • 子犬から成犬期まで
  • 価格 3,960
    評価 評価4.5
    備考 定期コースで購入した場合のコスパが優秀!
    モグワンの総評
    試食会を何度も実施して、たくさんのモニターの声を参考につくられた、愛犬家たちによる犬のためのドッグフードです。 栄養、安全性、嗜好性どれも優れています。 最大の特徴はメインの原材料に魚と肉の両方を使っていること。 肉粉ではなく、チキン生肉や乾燥チキン、生サーモンなど、素材そのまま! 良質な動物性たんぱく質を50%以上も含んでいます。 肉に豊富なビタミン、魚に豊富なDHAやEPAなど、2つの栄養・良いところをバランスよく摂取できるので、愛犬の体質やコンディションがみるみるうちに変わっていくでしょう。 もちろん「食いつき」も最高です。 魚の香りで食欲を誘うなど、健康的な素材だけで「食いつき」を実現したドッグフードはなかなかありません。 通常価格は1.8kgで3960円(税抜)。 けれど定期コースで申し込めば、最大20%OFFになります。 「ずっと続けなきゃいけない?」ということはありません。 いつでも休止・解約ができるので、気軽にお試ししてみましょう。 愛犬が気に入れば、毎月お店に買いに行く必要がなくなりますし、価格も安く手に入りますよ。

    カナガンの特徴
    【こんな子におすすめ】
  • アレルギーが心配
  • 運動量が多いわんちゃん
  • 痩せ気味、太り気味
  • 価格 4,960
    評価 評価4.5
    備考
    カナガンの総評
    どのサイトでも名前を見て、知っている人も多いのではないでしょうか。 愛犬家のあいだでも、とても人気が高いドッグフードです。 最大の特徴は動物性たんぱく質が全体の60%を占めていること。 さらに「骨抜きチキン生肉」や「乾燥チキン」など新鮮なお肉を使用しています。 そういったタンパク質ばかりだと脂質も多くなるのではないか?という指摘もありますが、カナガンに含まれる脂質は17%と低いです。 犬の本来の主食はお肉ということ、 「高タンパク・低カロリー」なので、犬にとって「理想的な食事」といえます。 もちろん添加物不使用、ヒューマングレードです。 これだけの品質があって1袋(2kg)3,960円。 定期購入だと最大20%OFFになります。 栄養価は本物であり、人気が高いフードなので一度試してみる価値ありですよ。

    このこのごはんの特徴
    【こんな子におすすめ】
  • 涙やけがひどい
  • 体臭・口臭など気になる
  • 毛にツヤがない
  • 便秘や下痢ぎみ
  • 「国産」「無添加」「ヒューマングレード」「ノンオイルコーティング」「小麦グルテンフリー」を兼ね備えており、安全性、品質バツグンのドッグフードです。
    大きな特徴は2つ。

    @小型犬に特化したドッグフード
    「全犬種・全年齢対応」ですが、とくに小型犬の悩みの改善に力をいれています。
    たとえば体臭・口臭や涙やけ、毛並み。
    小型犬に多い悩みをサポートするために「乳酸菌」と「良質な肉」を豊富に含んでいます。

    肉類は鶏ささみやレバー、鹿肉。さらに、魚のまぐろも配合されており、肉・魚両方の栄養をぜいたくに摂ることができます。
    乳酸菌は腸内環境を改善し、老廃物をスムーズに排出することで、体臭や口臭に働きかけることができます。
    価格 2,980
    評価 評価4.5
    備考 小型犬に特化したドッグフード!
    このこのごはんの総評
    めずらしい原材料2つ このこのごはんにはドッグフードにめずらしい、「青パパイヤ」と「モリンガ」が配合されています。 この2つが実はとてもすばらしく、愛犬にとってうれしいもの。 ●青パパイヤ 青パパイヤはポリフェノールやビタミンCが豊富なフルーツです。 とくに「パパイン」という成分に注目。 パパインはタンパク質を吸収・分解しやすくする酵素を多く含んでいます。 このこのごはんには良質なタンパク質が豊富に含まれているので、青パパイヤと一緒に摂ると、もっと効率よく、より強く、愛犬が元気に過ごすエネルギーになります。 ●モリンガ 「次世代のスーパーフード」といわれる植物。 ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富。 注目すべきはポリフェノールの含有量です。 ポリフェノールには血流をスムーズにする働きがありますね。 わんちゃんの涙管のつまりにも期待でき、涙やけ予防によいと考えられています。 通常1kg3,500円と少しお高めですが、定期購入で注文すると【15%OFF】になりますよ。 愛犬の目のまわりを整えたい、キレイな毛並みをもっとキラキラさせたいなら「このこのごはん」で決まりです。

     

    ??どれにするか迷ったら??

    おすすめはこちら

    口コミやSNSでも高評価!

    イチオシドッグフード

     

    迷ったときはモグワンがおすすめ!

     

    ●肉・魚、両方の栄養を摂れる

     

    ●良質な動物性タンパク質が50%以上

     

    ●「健康」と「食いつき」を両立

     

    ●グレインフリー、人工添加物は不使用、ヒューマングレード

     

     

    1.8kgで3980円ですが、定期購入にすると、10%OFFさらに最大20%OFFも可能です。

     

    健康面、安全面、金銭面など、ドッグフードの選び方すべてをクリアしているドッグフード。

     

    たくさんあって迷っているなら、モグワンにしましょう。

     

     

    愛犬のコンディションがどんどん整えられていくはずです。

     

    ご飯に勢いよく食いつく姿、毛並みがキレイとほめられている愛犬。

     

    なにより元気に過ごしている姿をずっと見られるでしょう!

     

    page top